ワタリガニ(ガザミ)の特徴

*
お歳暮カニ通販ランキング > その他のかにの種類 > ワタリガニ(ガザミ)の特徴

ワタリガニ(ガザミ)の特徴

ワタリガニの特徴

一般的にワタリガニの名で呼ばれているのはガザミ。
ガザミは甲殻綱十脚目短尾亜目ワタリガニ科に属し、函館以南の水深20~50㎝くらいまでの内湾、浅海の砂底に生息。
甲長7㎝、甲幅15㎝くらいになる。
甲羅の形は横に長いひし形で、甲の前側縁には9個の歯があり、第9歯が長く側方に突出する。
ハサミ脚が長く、歩脚之祭後の一対は扁平で遊泳脚となっている。
体色は暗褐色か暗紫色で、雄は青色が強い。
主に胸部の肉、みそ、卵巣を食べる。

ワタリガニが日本で多くとれるのは、三河湾、瀬戸内海、有明海。
日本で漁獲量の多いカニのほとんどが冷水性ですが、ワタリガニは暖水性。だから、南に行くほどなじみのカニなのです。
有明海は、ワタリガニがおいしいことで定評があります。なかでも地名で呼ばれる「竹崎ガニ」は有名銘柄といったところ。
竹崎というのは、佐賀県藤津郡太良町にある海岸で、場所的には、鹿島市と長崎県諫早市の中間にあたります。
ワタリガニ(ガザミ)の旬の夏には、この地域はカニ好きで大にぎわいとなります。

ワタリガニ(ガザミ)の食べ方

茹でた姿煮が一番おいしい。お値段も1杯2000~4000円くらい。
甲羅にみそを混ぜながら、お酒を注ぐととろりとして甘みがあってまろやかに!
揚げガニ、焼きガニ、カニ雑炊、カニサラダと食べ方いろいろできます。
カニは冬が旬のものが多い中で、夏にカニが食べれるところがあるなんていいですよね。
九州を訪れる機会があればぜひ佐賀県の竹崎のカニを食べてほしいものです。

ワタリガニ(ガザミ)の栄養素と効能

ワタリガニに含まれる栄養素はいろいろありますが、特に多いのが亜鉛とカルシウム。

亜鉛はミネラルの中でも不足しがちな栄養素なので、美味しいカニを食べながら補給できるのは嬉しいですね。細胞の生まれ変わりを助けたり、味覚を正常に保つ、成長を促進させる、抜け毛を予防する、生殖機能を維持する、生活習慣病の予防・改善、二日酔い予防など様々な効能があります。

カルシウムは歯や骨を丈夫にするだけではなく、血液凝固や筋肉の収縮、ストレスを抑える効果(イライラ予防)などがあります。カルシウムは現代人が最も不足しているミネラルなので、しっかりと摂取していきましょう。小さいお子さんと一緒に食べれば、体の成長をしっかりとサポートしてくれますよ。

お歳暮カニ通販ランキングへ

ワタリガニ(ガザミ)の特徴関連ページ

ヒラツメガニの食べ方・味
ヒラツメガニは甲殻網十脚目短尾亜目ワタリガニ科。 日本では本州、四国、九州沿岸の水深30m~100mの海底に生息しているが、広く世界的に分布している。 甲幅10cm内外で、ワタリガニ類の中では、やや大型である。 河野前側 […]
イバラガニの美味しい食べ方・旬・値段
イバラガニは甲殻網十脚目異尾亜目タラバガニ科。 房総半島沖から土佐湾にかけての水深400~600mの南の深海に生息する、日本特産のかにです。 このカニに似た「イバラガニモドキ」も市場ではイバラガニの名で流通し、東北地方で […]
シマイシガニの味・旬・値段
シマイシガニは甲殻網十脚目短尾亜目ワタリガニ科、東京湾以南、西太平洋、インド洋に分布しています。 水深10~30mくらいまでの砂地の海底に生息する南方系のワタリガニ。 甲幅15cmほどの大きさで、甲羅には独特の模様があり […]
アサヒガニの味・旬・美味しい食べ方
アサヒガニの生態 アサヒガニは甲殻網十脚目短亜目アサヒガニ科。相模湾以南の推進50mの砂地に生息。 甲長15cm~20cm程度の大型かにです。 歩脚は平たくなっていますが、泳ぐことはできず、後ずさりするようにして砂に潜り […]
ヤシガニの生態と食べ方
ヤシガニの生態 甲殻類網十脚目異尾亜目オオヤドカリ科。与論島以南、台湾、西太平洋、インド洋に分布。沖縄で特に食べられています。 宿貝を持たない重さ1kgあまりになる大型のヤドカリの一種です。陸生ヤドカリの最大種になります […]
モクズガニ(ツガニ)の生態と食べ方
モクズガニの生態 甲殻網十脚目短尾亜目イワガニ科:全国の河川や河口周辺、浅海で見られる。 甲幅6cmほどの大きさ、甲の輪郭は丸みを帯びた四角形。最近流行の上海がに(チュウゴクモズクガニ)とは近縁種です。 ハサミ脚には長い […]
かにのキレイなむき方
カニのおいしい季節がやってきました。 お歳暮でかにをいただくこともありますよね。 前もってむき身にされている場合はよいのですが、一杯そのままの姿のかにを頂く時もあります。 いつも思うのですが、時間をかけているわりに、身を […]
タカアシガニの特徴
タカアシガニの特徴 タカアシガニは、甲殻綱十脚目短尾亜目クモガニ科に属し、主に岩手県以南九州までの太平洋側に分布。 世界一おおきなカニ。長らく日本固有種とされてきましたが、近年、台湾や中国沿岸でも採集された。 普通は、水 […]