かにのキレイなむき方

*

かにのキレイなむき方

カニのおいしい季節がやってきました。
お歳暮でかにをいただくこともありますよね。
前もってむき身にされている場合はよいのですが、一杯そのままの姿のかにを頂く時もあります。
いつも思うのですが、時間をかけているわりに、身を全部食べきれなくてはがゆい思いをしています。
効率よくきれいにむけば、さらに食卓が楽しめて家族にも喜んでもらえるのに~。

かにのキレイなむき方

一般的にキッチンバサミを使う方が多いようですが、なかなかうまくいかない。
関節部分はかたくてハサミで切りにくく、身がはさみの刃で傷ついて取り出すときにバラバラに・・・。
なんてこともあります。

盆栽用の枝切りばさみを使うと簡単にいくそうですよ。
脚の身をきれいに取り出したい場合は、腱をまず取り除くこと。
腱は細長い形をした半透明の白いスジのことです。脚の各部分とくっついて解体するときにじゃまになる。
だから、関節から左右数センチ離れた部分を両手で握り、上下左右に力を加えてポキっと折って切り離せば、スジも一緒に取り出せます。

枝切りばさみだと、爪などの硬い殻も楽に切れます。刃が短く小回りがきいてズワイガニの脚の細い部分も大丈夫。
体の小さな毛ガニも切るのに苦労しません。タラバガニのようなサイズの大きなかには刃の大きなキッチンばさみのほうが効率よく切れるようです。

脚を切る部分はずわいがにや毛ガニの場合、まな板に置いたとき、表と裏の境目になる両端の部分に沿ってハサミを入れれば硬くても簡単。
たらばがには、とげのある赤色のカラをさけ、裏側の色が白い部分に平行な2本の直線を引くように殻を切って外せば、中身を取り出しやすい。

半解凍程度がスムーズに切れる

解凍しきったものは殻が水分を含んではさみを入れるとやわらかく切りづらい。
凍ったままの方が殻がパリッときれいに切れます。中の身も適度に凍っている方が固まりになって取りやすい。

はさみがないご家庭でも出刃包丁を使って解体

こつは①刃の先端を使う。 ②刃の向きを下に向けず、まな板と平行方向に切る。 ③包丁を小刻みに動かしながら少しずつ切り進める。

胴体を解体するときのこつ

裏返して腹の下にある三角形の殻を外す。
脚を両手で持ち体の中心に向かって折ると胴体が2つに割れます。その後、脚とエラを外す。
脚の付け根にはさみを差し込み上下に2分割すれば中の身がとりやすい。

最初は上手にいかなくても何回かやっていくと効率よくじょうずにできるようになります。
お歳暮にかにを一杯もらってもあわてないように・・・・!
きれいにかにをむいて家族をびっくりさせましょう。

かにが綺麗にむける『カニの殻むき動画』

このようにハサミで数箇所を切るだけでスルッと綺麗にカニの身を取り出すことができるんですよね。

でもこれを知らないと「全然身が取れない・・・」「手がベタベタになった・・・」「食べるのに時間がかかってしまう・・・」と、悲惨なことになってしまうので、綺麗なカニのむき方は確認しておきましょう(^^;)

お歳暮には『むき身のカニ』がおすすめ

お歳暮でカニをギフトで贈る方も多いですが、「相手が苦労しながらカニを食べているかもしれない・・・」と考えるとお歳暮として贈るのを少しためらってしまいますよね。せっかく贈るのですから、相手からも感謝されたいものです。

そこでおすすめなのが『むき身のカニ』

むき身のカニだったら、わざわざ自分で苦労してむく必要がないので、相手にもスムーズに美味しく食べてもらうことができます(^_^)

小さいお子さんやお年寄りでも気軽に食べてもらうことができるので、お歳暮のかにギフトの中でも一番選ばれているタイプなんですよね。

これから「カニをお歳暮で贈ろうかな」と考えている方は、むき身のカニを送ると喜ばれやすいですよ(^_^)

むき身満足セット盛り沢山!かに通販「かに本舗」

かにのキレイなむき方関連ページ

ヒラツメガニの食べ方・味
ヒラツメガニは甲殻網十脚目短尾亜目ワタリガニ科。 日本では本州、四国、九州沿岸の水深30m~100mの海底に生息しているが、広く世界的に分布している。 甲幅10cm内外で、ワタリガニ類の中では、やや大型である。 河野前側 […]
イバラガニの美味しい食べ方・旬・値段
イバラガニは甲殻網十脚目異尾亜目タラバガニ科。 房総半島沖から土佐湾にかけての水深400~600mの南の深海に生息する、日本特産のかにです。 このカニに似た「イバラガニモドキ」も市場ではイバラガニの名で流通し、東北地方で […]
シマイシガニの味・旬・値段
シマイシガニは甲殻網十脚目短尾亜目ワタリガニ科、東京湾以南、西太平洋、インド洋に分布しています。 水深10~30mくらいまでの砂地の海底に生息する南方系のワタリガニ。 甲幅15cmほどの大きさで、甲羅には独特の模様があり […]
アサヒガニの味・旬・美味しい食べ方
アサヒガニの生態 アサヒガニは甲殻網十脚目短亜目アサヒガニ科。相模湾以南の推進50mの砂地に生息。 甲長15cm~20cm程度の大型かにです。 歩脚は平たくなっていますが、泳ぐことはできず、後ずさりするようにして砂に潜り […]
ヤシガニの生態と食べ方
ヤシガニの生態 甲殻類網十脚目異尾亜目オオヤドカリ科。与論島以南、台湾、西太平洋、インド洋に分布。沖縄で特に食べられています。 宿貝を持たない重さ1kgあまりになる大型のヤドカリの一種です。陸生ヤドカリの最大種になります […]
モクズガニ(ツガニ)の生態と食べ方
モクズガニの生態 甲殻網十脚目短尾亜目イワガニ科:全国の河川や河口周辺、浅海で見られる。 甲幅6cmほどの大きさ、甲の輪郭は丸みを帯びた四角形。最近流行の上海がに(チュウゴクモズクガニ)とは近縁種です。 ハサミ脚には長い […]
ワタリガニ(ガザミ)の特徴
ワタリガニの特徴 一般的にワタリガニの名で呼ばれているのはガザミ。 ガザミは甲殻綱十脚目短尾亜目ワタリガニ科に属し、函館以南の水深20~50㎝くらいまでの内湾、浅海の砂底に生息。 甲長7㎝、甲幅15㎝くらいになる。 甲羅 […]
タカアシガニの特徴
タカアシガニの特徴 タカアシガニは、甲殻綱十脚目短尾亜目クモガニ科に属し、主に岩手県以南九州までの太平洋側に分布。 世界一おおきなカニ。長らく日本固有種とされてきましたが、近年、台湾や中国沿岸でも採集された。 普通は、水 […]