カニ通販お役立ち情報

お歳暮カニ通販

ズワイガニ通販と食べ方

ズワイガニとは

ズワイガニは甲殻綱十脚目短尾亜目クモガニ科に属し朝鮮海峡までの日本海側、東北以北の太平洋側の海底に生息。
雌が雄に比べて極端に小さいのが特徴です。
甲羅は丸い三角形で、雄は甲幅13㎝、雌は甲幅8㎝ほどになります。
甲羅はそれほど大きくありませんが歩脚が長く、雄は広げると70㎝ほどになり、食用として商品価値が高い。
歩脚は扁平で、体色は黒味を帯びたレンガ色。
別名マツバガニ、エチゼンガニ。冬の日本海の味覚として有名。カニ身が甘く、みそもおいしい。
握りこぶしほどの甲羅の中に子をぎっしりはらんだ甲箱がには、12月いっぱいまでの味覚。保護のためおすより早く禁漁になるから。
茹でても焼いても甘美。

古くから人々と密接な関係にあるズワイガニは地方名が多い。山陰地方では松葉がに、丹後半島ではたいぎがに、北陸地方では越前がにと呼ばれる。
これらは雄に対する呼び方で、雌は三人では親蟹、北陸ではせいこ蟹、甲箱蟹、こうぼく蟹とも呼ばれています。
ズワイガニの和名については諸説ありますが、木の幹からたくさんの枝が伸びた状態に見えることから、まっすぐに伸びた枝の意味の楚(すわえ)が変化したとの説が有力です。

ズワイガニのおいしい食べ方

ズワイガニ
活ガニなら殻をとって、氷水で洗って”お造り”が最高に美味。新鮮な蟹ならではの味。身は甘く、口の中でとろけます。
茹でたズワイガニもほんのりとした甘みがたまらなくおいしい!
焼きガニ、カニ鍋、かにしゃぶもちがった味わいを楽しめます。

丹後半島の西側にある間人(たいざ)という小さな漁港であがった蟹は、歳暮の時期に旬なこともあり京都に運ばれて料亭や旅館のカニ料理に使われます。
間人ガニといえば別格扱いなのです。
大きなズワイガニは京都などの高級料亭や旅館で消費されてしまうので最高品種のズワイガニを目にすることは難しいのですが、
なんと通販でこの高級なズワイガニを購入することができるのです。
もちろん、お歳暮としても喜ばれるでしょうし、自宅用としても大人気!
申込み方法も簡単なかに通販を利用してはいかがでしょう。

ズワイガニおすすめ通販

おすすめ!お歳暮カニ通販ランキング

関連記事

  1. 上手な剝き方

    カニのキレイなむき方

  2. かに鍋

  3. 美味しいカニ通販

    アサヒガニの味・旬・美味しい食べ方

  4. タラバガニ通販と食べ方

    美味しいタラバガニの食べ方

  5. カニ茹で方

    カニの仲買人が教えるカニを茹でる時間とコツ

  6. 美味しいカニ通販

    ヒラツメガニの食べ方・味

PAGE TOP

カニ通販お役立ち情報

ハナサキガニ通販と食べ方

花咲ガニ通販

カニ通販お役立ち情報

タラバガニ通販と食べ方

タラバガニ通販と食べ方

おすすめカニ通販

三越お歳暮カニ

カニ詐欺対策

おすすめカニ通販

大丸お歳暮かに通販

大丸カニ通販

おすすめカニ通販

高島屋カニお歳暮

北国からの贈り物