お歳暮のお礼状

*

お歳暮のお礼状

お歳暮を貰った相手にはお礼状を出すのがマナーです。丁寧にする場合は手紙ですが、一般的にはハガキを使います。

お礼状で書く内容は

  1. お歳暮へのお礼
  2. 自分だけではなく、家族も喜んでいるということ
  3. 今後のおつきあいをお願いする言葉
  4. 一年で最も寒い時期を迎えるにあたり、相手の健康を気遣う言葉

の4つがポイントです。
基本は縦書きですが、手紙で横書きで書いてもマナー違反ではありません。

また、妻が夫に代わってお礼状を書く場合も多いかと思いますが、その場合は夫の名前の左下(縦書きの場合)に「内」と書くのがマナーです。見知った相手になら連名で書くのもマナー違反ではありませんが、面識のない会社の上司ならば「内」と書いて贈りましょう。

お歳暮のお礼状関連ページ

習い事の先生へのお歳暮
子どものピアノの習い事や自分が習っている茶道などの先生へも、日頃の感謝を込めてお歳暮を贈られる方も多いですよね。 以前は、自営業でもありボーナスのないお稽古事の先生には、夏・冬のボーナス代わりとしてお中元やお歳暮には「現 […]
上司へのお歳暮
お世話になった取引先の方や上司へのお歳暮選びって迷いますよね。特に年上の方ほどいろいろな方からお歳暮を貰うため、定番のものあげると他の人と被って迷惑になってしまうかもしれません。 そこで「かに」を贈ってみるのはどうでしょ […]
友人・知人へのお歳暮
いつも仲良くしている友人や知人へのお歳暮を贈られる方は多いですよね。「特に仲がいいからこそ美味しいものを食べてもらいたい!」という気持ちから、かに通販をお歳暮で贈るという話もよく聞きます。 冬だからこそ美味しいカニは小さ […]
お歳暮でカニを贈る時のマナー
お歳暮では贈ってはいけないものがあるように、お歳暮にはたくさんのマナーがあります。目上の方への贈り物なので当然なのですが、しっかりとマナーを守って贈らないと相手からの評価も下がってしまうかもしれないので注意してください。 […]
お歳暮で贈ってはいけないもの
日頃の感謝を込めて贈るお歳暮にはも贈ってはいけないものがあります。間違って贈ってしまうと相手からの評価も下がってしまうので、事前にチェックしておきましょう。 靴や草履などのはきもの 靴や草履などの履物は「踏み潰す」という […]
お歳暮を贈るべき相手は?
お歳暮は日頃お世話になっている方へ贈るのが一般的ですが、どの相手にまで送ればいいのかって悩みますよね。 一般的にはお歳暮を贈る相手は以下のとおり。 実家、義実家 職場の上司、取引先、お客様 仲人 恩師、習い事の先生 特に […]
お歳暮の相場は?
お歳暮を贈る時に気になるのがお歳暮の相場。初めて贈る場合いくらぐらいが失礼にならないか分からないし、贈る相手によってもどれぐらいが相場かというのは気になりますよね。 まず、一般的なお歳暮の相場は3,000~5,000円だ […]
お歳暮を贈る時期はいつ?
お歳暮を贈る時期は12月10日~20日、遅くとも25日までです。25日以降だと年末で忙しく、相手にとっても迷惑になってしまうので注意してください。 一般的には20日に届くように贈るのがベストと言われています。しかし、最近 […]