イバラガニの美味しい食べ方・旬・値段

*
お歳暮カニ通販ランキング > その他のかにの種類 > イバラガニの美味しい食べ方・旬・値段

イバラガニの美味しい食べ方・旬・値段

イバラガニは甲殻網十脚目異尾亜目タラバガニ科。
房総半島沖から土佐湾にかけての水深400~600mの南の深海に生息する、日本特産のかにです。
このカニに似た「イバラガニモドキ」も市場ではイバラガニの名で流通し、東北地方では多数捕獲されています。
イバラガニモドキは、ベーリング海からオホーツク海、東北地方沖から相模湾に生息しています。

イバラガニとタラバガニの違い

イバラガニの体型はタラバガニによく似ていますが、大きさが違います
イバラガニはタラバガニに比べて、やや小型で甲幅は20cmに満たないものが多いです。
脚はタラバガニよりも細くて長く、伸ばすと1m近くになります。
歩脚にとげは少ないですが、甲羅やハサミ脚には多くのとげがあります。

一方、食べた時の味はイバラガニとタラバガニは似ていて、どちらも甘味があります

イバラガニの旬

イバラガニの旬は12月~3月まで
特に1月~2月の間は上品な甘味で食べごろですよ。

イバラガニの美味しい食べ方

基本的にイバラガニはタラバガニと同じ調理方法で美味しく食べることができます。

【煮込みみそ】

甲羅でぐつぐつ煮たみそは、そのままなめても、焼いたカニの身をつけても美味しい♪
豪快な珍味ですが、後で甲羅酒にしても楽しめます。

【焼きかに】

七輪などでそのまま焼いて食べても美味しい!
包丁を入れた部分の身が、ぷっと盛り上がったら食べごろです。
汁が多く、甘み適度。

【刺身】

イバラガニは刺身にしても美味しい!
ボタンエビの甘味を少し除いたような味で、小さいお子さんでも美味しく食べることができます。

イバラガニの値段

イバラガニの値段は2kgで10,000円~15,000円。
タラバガニ・毛ガニ・ズワイガニなどかに通販の定番のかにと比べても、ほとんど同じ値段です。
なので、決して高級なかにというわけではなく、一般のご家庭でも誕生日や記念日、忘年会、新年会などで食べていただくことができます。

イバラガニの美味しい食べ方・旬・値段関連ページ

ヒラツメガニの食べ方・味
ヒラツメガニは甲殻網十脚目短尾亜目ワタリガニ科。 日本では本州、四国、九州沿岸の水深30m~100mの海底に生息しているが、広く世界的に分布している。 甲幅10cm内外で、ワタリガニ類の中では、やや大型である。 河野前側 […]
シマイシガニの味・旬・値段
シマイシガニは甲殻網十脚目短尾亜目ワタリガニ科、東京湾以南、西太平洋、インド洋に分布しています。 水深10~30mくらいまでの砂地の海底に生息する南方系のワタリガニ。 甲幅15cmほどの大きさで、甲羅には独特の模様があり […]
アサヒガニの味・旬・美味しい食べ方
アサヒガニの生態 アサヒガニは甲殻網十脚目短亜目アサヒガニ科。相模湾以南の推進50mの砂地に生息。 甲長15cm~20cm程度の大型かにです。 歩脚は平たくなっていますが、泳ぐことはできず、後ずさりするようにして砂に潜り […]
ヤシガニの生態と食べ方
ヤシガニの生態 甲殻類網十脚目異尾亜目オオヤドカリ科。与論島以南、台湾、西太平洋、インド洋に分布。沖縄で特に食べられています。 宿貝を持たない重さ1kgあまりになる大型のヤドカリの一種です。陸生ヤドカリの最大種になります […]
モクズガニ(ツガニ)の生態と食べ方
モクズガニの生態 甲殻網十脚目短尾亜目イワガニ科:全国の河川や河口周辺、浅海で見られる。 甲幅6cmほどの大きさ、甲の輪郭は丸みを帯びた四角形。最近流行の上海がに(チュウゴクモズクガニ)とは近縁種です。 ハサミ脚には長い […]
かにのキレイなむき方
カニのおいしい季節がやってきました。 お歳暮でかにをいただくこともありますよね。 前もってむき身にされている場合はよいのですが、一杯そのままの姿のかにを頂く時もあります。 いつも思うのですが、時間をかけているわりに、身を […]
ワタリガニ(ガザミ)の特徴
ワタリガニの特徴 一般的にワタリガニの名で呼ばれているのはガザミ。 ガザミは甲殻綱十脚目短尾亜目ワタリガニ科に属し、函館以南の水深20~50㎝くらいまでの内湾、浅海の砂底に生息。 甲長7㎝、甲幅15㎝くらいになる。 甲羅 […]
タカアシガニの特徴
タカアシガニの特徴 タカアシガニは、甲殻綱十脚目短尾亜目クモガニ科に属し、主に岩手県以南九州までの太平洋側に分布。 世界一おおきなカニ。長らく日本固有種とされてきましたが、近年、台湾や中国沿岸でも採集された。 普通は、水 […]